借金返済による控除について

借金返済によって所得税などの税額控除を受けることができると思われている方も多いのではないでしょうか。
実は、これは大きな誤りです。

まず個人の場合ですが、生活資金その他を借金で賄ったとします。
この借金を生活上の「必要経費」として、確定申告を行うことで所得税などの控除を受けることができるのでしょうか。
このような制度自体は存在しませんので、当然控除を受けることはできません。
これは国の生活救済制度(生活資金福祉貸付制度)などで借金を行った場合も同様です。
自分に収入がある以上は、一定額の所得税その他の税金を支払う必要があり、たとえ確定申告を行った場合でも、控除を受けることはできません。

例外としては、住宅ローンを利用している方の「住宅借入金等特別控除」があります。
「住宅借入金等特別控除」とは、居住者が住宅ローン等を利用して、マイホームの新築、取得又は増改築などを行った場合にローン残高を基準に計算された一定額を所得税から控除するという制度です。

次に事業者の場合です。
事業のために利用する備品その他を借金で賄ったとします。
この借金は事業のための「必要経費」として、事業所得から差し引いて計算することができます。
しかし、借金返済の場合の特別な控除の制度は存在していません。
単純に会社の決算処理が行われるのみとなります。

このように、一般のサラリーマンなどの借金返済は控除の対象となりません。
借金を行えば、その分は真面目に返済していくしかありませんので注意しておきましょう。

モビットの特徴

大手消費者金融のモビットは三井住友銀行グループという安心感や、審査スピードがはやいことで消費者金融のなかでも人気があります。

モビットの一番の特徴は、電話による在籍確認を書類に代替えすることができるということではないでしょうか。
会社へ電話がかかってくることでキャッシングの申込をしたことがばれないか心配という多くのかたがおられますが、モビットはそんな心配は必要ありません。

モビットの申込方法はインターネットから申込む方法やローン申込機からの申込、電話、郵送とありますが、インターネットから申込む「WEB完結申込」は勤務先への電話連絡はありません。
モビットの申込条件は年齢が20歳以上65歳以下の安定した収入があれば申込が可能で、パートやアルバイトをしているかたでも申込できますが、「WEB完結申込」は三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座をもっていること。
提出書類は、本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)の写し。
収入を証明するための収入証明書類(源泉徴収票や所得証明書、確定申告書、直近2カ月分の給与明細書など)の写し。
勤め先を確認するための在籍証明書類(社会保険証または組合健康保険証)の写しや収入証明書類を給与明細書以外を提出した場合は、直近1カ月の給与明細書の写しが必要になります。

「WEB完結申込」は社会保険証または組合保険証が必要になるので会社員以外の申込は残念ながら申し込めませんので国民健康保険のかたは「カード申込」から申込むことになります。
モビットは学生借入できる?学生が最短でお金を借りるには?はこちら

全身脱毛と化粧の関係とは

全身脱毛コースには、顔が含まれていることもあります。顔は年間通して人の目からさらされてしまう部位でもあり、洋服で隠すことができないのでムダ毛処理はいつでも欠かせません。女性であれば、左右の眉毛の間がつながったように見えてしまう人や、鼻下の産毛が男の人の髭のように見えてしまって処理が欠かせないという人も多いものです。自己処理を続けていれば顔は皮膚が薄い部位でもあるので肌トラブルの危険性が高いものであり、剃り始めたらだんだんと濃くなって毎日のように処理が欠かせなくもなってしまいます。脱毛サロンでの施術をプラスしてみれば、次第にムダ毛が薄くなっていくので処理も楽になって気にならなくなってきます。
脱毛サロンの全身脱毛プランの中には、顔が含まれていないというケースもあります。顔の他にもVIOラインも同様に含まれていないということも多いのですが、その分だけリーズナブルな料金で全身脱毛を受けることができるケースもあります。体のムダ毛だけでなく顔も身だしなみとしてムダ毛処理は欠かせないものであり、全身脱毛にオプションとして追加をして受けることができる店舗もあります。
顔脱毛のメリットとしては、気になるムダ毛処理の他に化粧のノリを良くさせるためにも多くの女性に利用されています。顔には誰でも産毛が一面に生えているものであり、それが邪魔をして化粧のノリを悪くさせてしまいます。ファンデーションをぴったりと肌にフィットさせるためにも、顔脱毛は非常に役立つ施術です。

携帯でカードローンする際の注意点

カードローンの申込み方法にはさまざまなものがありますので、ライフスタイルなどに合わせて自分に合った方法で申し込めるようになっています。中でも便利なのが携帯でカードローンする方法で、自宅や外出先など場所を選ばずにカードローン出来るので、店舗に足を運ぶ必要がありません。また、携帯でカードローンした場合は申込み書類を郵送したり、本人確認書類を郵送したりする必要が無いので手間がかかりません。審査も早いので申し込んだその日に融資が受けられるケースも多くなっています。
しかし、携帯でカードローンする際には注意点もいくつかあります。まず、新規申込みの際には入力ミスに気をつけるという点です。携帯はパソコンに比べて画面やボタンが小さいので入力ミスをしやすくなっています。また、携帯でおすすめカードローンの申込みをする場合は、正しく入力されているかどうかの確認は自分で行う必要があるので、入力後に十分に確認した上で送信すると良いでしょう。
携帯の電池切れというのも注意点の一つになります。途中で電池切れしてしまうと新規申込みも、カードローンも出来なくなってしまいます。こうしたことから携帯でカードローンをする際には携帯の電池切れの心配が無いかを確認し、電池が持つか心配な場合は充電をしてから申込みをしたり、他の方法を利用した方が良いでしょう。
また、携帯を紛失したりパスワードを他人に知られたりしないように注意する必要があります。

atm利用手数料を掛けずにコンビニでプロミスへの返済をする

コンビニにある提携atmではプロミスの返済に利用手数料がかかります。
105円もしくは210円となりますがつもり積もればということもあります。
今は気にする必要がないと感じていても実際に返済するときに手数料がかかるともったいないと感じるものです。

便利な返済方法が充実しているプロミスではありますがコンビニの返済もまた便利に使えるものです。
もちろんインターネットバンキングをお持ちであれば一番お勧めしたいのはインターネット返済にはなりますが、コンビニに立ち寄る機会が多いのであればそれもまた便利になります。
とはいってもコンビニの提携atmではありません。
ローソン、ミニストップ、ファミリーマート限定の返済手数料無料の方法です。

ローソンとミニストップにはLoppiが、ファミリーマートにはFamiポートがマルチメディア端末機として入り口付近に設置されています。
コンビニatmではなくこちらのマルチメディア端末機を利用して返済をすると手数料は無料となります。

返済方法はいくつもありますが自分にとって便利な方法は人によって違いがあるものです。
便利であり手数料がかからないインターネット返済でも、ネットバンキングが家族との共有のものであったり自分名義のものを持っていないのであれば利用することができないでしょう。
利便性はそれぞれに異なりますが、自分にとって忘れないそして面倒がなくコストがない返済方法を利用していきましょう。
プロミス審査基準とは?審査前に押さえるポイント教えます。はこちら